--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第98回目~! 09,長尾組の神楽

2009年11月13日 20:08

先週末、無事に秋祭りの神楽奉納が終わりました。
前回の記事のような事もあり、どーなるんだろうと思ってましたが、この地区の行事は周囲の出来事に左右される事なく、予定通り執り行われました。

09秋祭り (1)

内容は、はっきり言って長いかも~ (;´Д`A゛
つか、写真が多いです。覚悟して読んでね♪



09秋祭り (2)

神楽奉納は土曜日の夜、神主による献饌 ( お供え物を御神前にお供えすること ) などの神事の後、
午後10時30分から始まります。
例祭 ( 神社の定期的なお祭り ) は翌日 ( 日曜日 ) のお昼過ぎからなので、
神楽奉納はいわば 「 前夜祭 」 といったところ。
奉納と言っても、芸能色の濃いここら辺りの神楽は、神事というより田舎の芸能興行といった趣。
なので、地域の氏子の皆さんが、民俗芸能を楽しもうと大勢やってきます。
ちなみに、ボクの住んでる地元には長尾組田尾組の2つの神楽団があります。
( ボクは長尾組の団員です )
でも神社は一つしかありません。
そのためか、10月と11月に2度の秋祭りが行われます。

09秋祭り (3)
↑ これは先月行われた祭りの様子。神楽奉納はライバル田尾組。お客さんがぎっしり!

夜の10時過ぎから始まった神楽奉納は、翌朝の6時過ぎまで続きます。
演目数は大体12~13演目。
舞い手や楽人が入れ替わりながら、一晩中神楽を舞い踊ります。
ボクが割り当てられた舞はその内の4演目。
ひとえに神楽と言っても、神話などの物語をベースにしたものと、謂れがはっきりしない儀式舞とがあります。
謂れがはっきりしない・・・これは、単にボクの勉強不足ではありますが (*´3`)

以下、娘やその友達が撮った画像です。
田舎の祭り、夜神楽の雰囲気を味わってください ヾ(´▽`A

09秋祭り (4)

儀式舞の一つ 「 四神 」 。
4人で舞い歌う、雅で厳かな舞です。
春夏秋冬なのか東西南北なのか、そのどちらにも関係ありそうな舞です。

09秋祭り (5)
↑ 女の神様を女性団員が舞ってます。面無しでOKなんじゃない?

上の画像は天照大神 ( アマテラスオオミカミ ) です。
いわずと知れた、日本の太陽神。
神話になぞらえた舞で、「 岩戸 」 と言う演目の中で舞われます。

09秋祭り (6)
↑ 太陽神の岩戸隠れで、暗くなった世界を照明を落として表現。

09秋祭り (7)
↑ 楽屋の様子。神社の社務所が楽屋です。

衣装を身に着けた舞子 ( 神楽団員 ) が、厳しい表情でモニターを見ながら出待ちしてます。
諦めの境地なのか、緊張感が抜けてリラックスした者も。
と言うか、ビール飲んで緊張感を解こうとしてる奴がいますな (笑

09秋祭り (8)

09秋祭り (9)

09秋祭り (10)

神楽は 「 舞 」 と 「 囃子 」 と 「 歌 」 が一体となって初めて完成されます。
楽人 ( お囃子の奏者 ) の奏じる囃子によって、舞い手は気持ちが鼓舞されます。
気持ちが鼓舞され、激しさやノリの増した舞に感化され、囃子は更にノリノリになります。
ノリがノリを呼んで、舞殿 ( 会場 ) は一種のトランス状態に・・・
こうなると、デキの良い舞が舞えます (´∀`*)

09秋祭り (11)

09秋祭り (12)
↑ 神社の側の露店の様子。やっぱ 「 祭り 」 はこれが無いと!

ガキの頃は、本職のテキヤさんが露天を出したりしてました。
でも今は、青年団や地元有志によってお祭りを盛り上げます。
「 二重焼き饅頭 」や 「 焼き鳥 」、 「 おでん 」 などが主なラインナップ。
もちろん、祭りなのでアルコールもあります♪

↓↓ と言うワケで、酒飲み天国な方達 (笑 ↓↓

09秋祭り (13)

09秋祭り (14)

↑ こういう人たちがいないと祭りは盛り上がりません♪

09秋祭り (15)
↑ 客舞は 「 八幡 」 です。敵ながら (?) なかなかの熱演ぷり!

「 客舞 」 は芸北地域でも他に無く、ボクの地元ならではの余興舞。
奉納する神楽の内、1演目だけ田尾組さんに衣装を貸し出して神楽を奉じてもらいます。
逆に田尾組さんが神楽を奉納する祭りでは、長尾組が 「 客舞 」 として1つ舞います。
いわば、アウェイでの試合みたいなもの。
同じ舞でも神楽団によって舞い方が全然違うので、観客にとっては長い夜のスパイスにもなります。

09秋祭り (16)
↑ 「恵比寿」の舞。

11月の祭りのみ、恵比寿の舞を奉じます。
恵比寿さまが釣り糸を垂れ、鯛を釣ると言うめでたくも賑々しい舞ですが、その舞に合わせ、
舞い手と裏方の団員が撒き餌のごとく 「 みかん 」 や 「 お菓子 」 を客席に振舞います。
上手くいけば、客席からご祝儀が釣れる事も。
ちなみに、今年は1000円札1枚が釣れました。
年によっては4~5000円くらい釣れるので、不景気を実感します ヾ(;´Д`)ノ

09秋祭り (17)

09秋祭り (18)
↑ 神楽に使うお面でおどける長女。見えにくいじゃろ?

本物の道具ですが、こんな風に気軽に触れるのも郷土芸能ならではでしょうか (^^;ゞ
舞い方が客の側に寄ったときは、みんな衣装やら道具に触ったりします。
関取や芸能人に触れてみたい衝動と同じかも?

09秋祭り (19)
↑ 練習が満足にできなかった演目。

「 貴船 」 という演目ですが、物語のモチーフとなってるのは 「 陰陽師 」 です。
神楽なので物語は随分短縮してますが、狂言師・野村萬斎が、安部清明 ( アベノセイメイ ) として主演した映画の内容まんまです。
女の呪いで、病気となった主人に仕える 「 下僕 」 の役がボクです。
「 舞 」 というよりは 「 演劇 」 のような感じ。
アドリブ満載で、カタチがあるようで全く無い!
だからこそ、練習にならないといった経緯もあります。
役になり切って、時事ネタを絡ませながらの口上 ( セリフ ) のやりとり。
当たって砕けろの精神状態でやりました。
ボクはアドリブが利かない男なので、肉体的にはともかく、心はズタボロ _| ̄|◯|||

09秋祭り (20)
↑ 難しい役でした。悩む感じがそのまま出てますな (笑

しかし・・・
今回の祭りは10月に比べると、客が随分少なかった。
でも、神社まで足を運んで、わざわざ来てくれた方々が楽しんでもらえたならば
多少お花 ( ご祝儀 ) が減ったとしても、ボク達神楽団員はそれで満足。
はい・・・ええ、満足してますとも!

来年、また新たな演目と役にチャレンジし、頑張るだけです!


★ボクを知ってる方へ★

田舎の祭りの様子を伝えようと、いつもと違ってモザイク無しにしました。
その方が雰囲気が伝わると思ったからです。
な・の・で!
画像の中に生出しのボクを見つけても

「 ○番目の画像のこの人! 」

なんてコメは勘弁してくらさい。
同様に、掲載してる画像にあなたが知ってる人がいたとしても、
個人を特定するような真似は勘弁してください。
ヨロシクおねがいします m(u u;mペコリ

また、掲載した画像の削除希望がありましたら
匿名でコメント欄にご記載くださいマセ。
取り急ぎ、すぐに削除いたします。





コメント

  1. 弾正 | URL | -

    先日の事件が近いようで驚きましたけど、その辺りって護られてるって感じがしますね、神様に。

  2. ねこ | URL | -

    >弾正さん

    記事の内容から、そんなイメージを持たれるかも・・・
    でも、神社は一つしか無いし、
    神々を演じてるのはボクたち。
    大してご利益は無さそうっすよ(笑

  3. 山中誠一郎 | URL | -

    秋祭り 神楽

     はじめまして、16日の祭り古い神楽が見たくていきました。
    大変すばらしい神楽でした。尊神が見られたのがなによりでした。
    四神の舞で、女性が、舞わられていましたが、すごくきれいでしたよ、
    この6調子の神楽いつまでも、残してがんばってください、来年も、見にゆきます。
    個人的には、古い面、古い昔の衣装での舞が見たいです。

  4. ねこ | URL | -

    山中さま

    長尾組の神楽を見に来ていただき、大変ありがとうございました。
    色々な方に見ていただくと、ボクたち団員一同とても励みになります。
    八幡の夜神楽は明け方まで続きますので、一晩中見ていただけると
    古い神楽面、衣装をまとった演目もありました。
    来年も来ていただけるとの事。
    夜明けまでと言えばなかなか大変ですが、ぜひ全ての演目を見ていただければと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hneco.blog25.fc2.com/tb.php/118-a6b6dac5
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。