--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第101回目~! 青春よ、再び!Z750FX、降臨

2009年11月27日 11:14

20代の初め頃の事。
ボクを魅了して止まない、1台のバイクがありました。
そのバイクの名は・・・

Kawasaki Z750FX

ノーマルFX
↑ ネットから拝借。これは同系のZ1000Mk-Ⅱ

レーサーレプリカの登場と共に、日本中がバイクブームに沸きに沸いた80年代。
その熱が醒めると、スタンダードなバイクの良さが見直され、
訪れてきたのが少し古い空冷4発バイクのブーム。
「 あいつとララバイ 」 の影響か、空冷4発の中でも Z-Ⅱが大人気。
中古相場も急騰し、Z-1 や Z-1R、Z1000R なども合わせて人気が上がった頃でした。


そんな中、端正で美しいデザインをまとったZ-Ⅱの影に隠れながらも、ポスト Z-Ⅱとして
「 Z750FX & Z1000Mk-Ⅱ 」 が Mr.Bike 誌上に紹介されました。

「 カッコイイ!乗るならこれだ! 」

若きボクは勘違いにも似た運命を感じ、同時に強烈な憧れを持ったのです。
しかし・・・Z-Ⅱ系より安いと言っても、その当時にして相場は70万円。
対して、ボクの月給は10万円プラスアルファ。
憧れはあっても、「 しょせんは高値の花 」 であり、我がモノにするには
余りにもハードルが高く感じたものでした。
ところが・・・

「 個人売買で50万の FX があるぜ! 」

当時 Z750F に乗っていたカズさんが、耳寄りな情報として紹介してくれました。
相場より20万安いだけですが、それでも随分お買い得に思えます。
ただ安さにはワケがあり、フレーム修正済みとは言え事故車だったり、エンジンも4発の内1、2発死んでるとか、問題が無かったワケではありません。

それでも、夢と諦めかけていた憧れのFX 。
免許も無いのに、後先考えずのソッコー買いをしました。独身だからこそなせる業です。
その後、目の前にぶら下げられたニンジンを食べようと、永遠に走り続けるバカな馬のごとく、
超難関 ( 広島県では ) と言われた限定解除に挑戦。
試験場に通うこと約半年。20回目のチャレンジでやっと乗れる日を迎えたのです。

Z750FX 002
↑ 晴れて FX 乗りとなったボク。( 当時23歳、若い! )

9006 ワイルドで行こう (1)
↑ カズさんと行った、人生初のキャンプツーリング

9006 ワイルドで行こう (2)

写真の時代にして、FX は既に10年落ち寸前のバイク。
ノントラブルとは行きませんでしたが、今となっては思い出深く、懐かしいツーリングの記憶です。

9006 ワイルドで行こう (4)
↑ 変色した写真。見づらくてゴメンね ( ノД`)

FX 乗りとなった1年後、5年半の交際の末、今のカミさんと結婚。
生活もあってバイクを自粛せざるを得ず、切れた車検もそのままに5年以上放置。
子供も2人産まれ、3人目ともなるとバイクどころではありません。

どの道、このまま手元に置いておいても腐るだけか・・・
乗る目処は立たないし、埃にまみれたバイクが可愛そうに思え、
「 それならば!」 と、乗ってくれそうな知り合いの方に借譲。

あれから十数年。
昨年の冬、FX を引き取ってくれた方と久しぶりに再会。
その後、FX はどうなったかと聞くと、まだ持ってると言うではありませんか!
ただ、今はもう乗っては無く、保管場所も無いので野ざらしと聞きました。

「 いらないのら、またボクが引き取ってもいいですか? 」
「 いいですよ。でも・・・かなり酷い状態かも。 」

状態はともかく、かつてボクが乗っていた FX 。
それがまた戻ってくる・・・!

そして昨日、やっとそれを引き取りに行ってきました。
木々に囲まれた山中の、とある場所に 「 彼女 」 はひっそりと放置されていました。
再び会い見えた、青春の Z750FX 。
長い期間、雨ざらしだと聞いていたので、もうダメかと思いましたが・・・

091126 FXサルベージ (1)
↑ コンクリートの壁に囲まれてはいますが・・・屋根無しです (涙

091126 FXサルベージ (2)

想像してたよりは状態は酷くなく、随分 「 まとも 」 な事に感激。
これなら復活できそうです。
とは言え、もう少し手を差し伸べるのが遅ければ、土に返っていたのは間違いありません。

山中からのサルベージは 「 一人ではどーにもならん! 」 と思い、
レストアマニアの U-TA 親分に援軍を要請。
ヤマハ DT400を再生した、あの方です。

それにしても重い!
FX って、こんなに重かったっけ??


周囲が草だらけで足場が悪く、FX のタイヤの空気圧も少なかったりで、
軽トラに乗せるのは、2人がかりでも猛烈にキツイ作業でした (;´Д`A゛
実際、援軍を呼んでおいて助かりました。
U-TA 親分が支えていたテールカバーから、「 べキッ! 」 と言う音がした時は泣きそうでしたが・・・

091126 FXサルベージ (3)
↑ 手だけでなく、搬送に必要な軽トラックやロープ、ラダーも借りました。

091126 FXサルベージ (5)

我が家のガレージは手狭なので、FX は U-TA 親分ちへ直行。
取敢えず農機具倉庫を間借りしました。

091126 FXサルベージ (6)
↑ 今夜から屋根付き保管。この子もほっと一安心かな~♪

コイツをレストアするとなると、経費も時間もかかりそうです。
・・・が、何年かかってもいいと言う気持ちで、焦らずコツコツと手作業で再生したいと思ってます。
もちろん!DT400を再生した、U-TA親分の手助けはかなり必要っすが (笑

Z750FX改 (1)
↑ 友人、スミダ君の知り合いのFX 。一つの憧れのスタイル。

デビューから30年が経過した Z750FX 。
フルノーマルな姿に戻すか、それとも当時は出来なかった 「 憧れ 」 のカスタムを施すか・・・?

希少性からすれば 「 フルノーマル 」
実用で考えれば 「 憧れのカスタム 」

方向性は決まりませんが、楽しくも夢のある悩みです。
ま!資金力が無いってのが、最大の悩みポイントではありますが・・・ヾ(´▽`A゛

いつの日か、再びロードに戻してやりたい。

Z750FX 004
↑ 納車当時のFX

そんな思いに胸が熱くなった昨日の出来事です。






コメント

  1. 白熊 | URL | -

    すばらしいことですね。
    昔の愛車に再会できることもむずかしいのに、復元の可能性があるなんて。
    写真ではそんなにひどい状態には見えませんが・・・。
    何とかなりそうな、いえ、絶対何とかしてあげたいですね。

  2. michi | URL | -

    オイラ、こっち系のバイクはよく分からないんですが、このバイク渋くてカッコイイです!

    最初のねこさんが跨がっている写真、パンフレットの表紙みたいでイイですね♪

  3. hana! | URL | -

    しぶいっすねぇ~!
    オッサンは27年前(老)
    Z650を所有してました。
    初代ザッパーです。
    あのレスポンスは快感モンです!
    今度見せてね!

  4. ねこ | URL | -

    >白熊さん

    自分でも幸運だと思いました。
    今、カワサキZ系のバイクを手に入れようとしたら
    程度によるでしょうが、ハーレーが買える値段です。
    でもそれは、同型というだけで当時乗っていたバイクではありません。
    一旦手を離れた、自分の手垢がついたバイクに巡り会える確率も
    かなり低いとも思います。
    たとえ動かなくても、触れただけであの頃の記憶が甦る・・・

    こんな幸運な事って、そう無いと思いました。
    何とかして再生、復活をしてみたいですね。
    ただ、本当に時間がかかると思います。
    ぼちぼちと・・・
    そんな気持ちでやって行きたいです ヾ(´▽`A゛

  5. ねこ | URL | -

    >michiさん

    ボクの場合、ハーレーよりも国産の方がやっぱ馴染み深いですね~ (´∀`*)
    ハーレーの良さや楽しみは唯一無二。それは異論の無いところ!
    乗れば楽しいし、どこまでも行けそうな気がします。
    この楽しさは、ハーレー独特の面白さですよね。
    ですが、国産車の面白さもまた、ハーレーには無いものがあります。
    ハーレーほどの厚みは無いけど、国産ならではの味わいや雰囲気が好きです。

    Z750FX に関して言えば、そんなに高性能なバイクじゃ無いです。
    特にボクのは、事故車だからか120 km/h でブレが出るし
    ブレーキも利かないし、重くて曲がらないし・・・
    弱点だらけなんだけど、そんな弱点も懐かしさで良いって思える感じです。
    ま、そー思えるのって、快適なハーレーがあるからかもですが。

    >パンフレットみたいな写真・・・

    若気のいたり。
    ちょっと恥ずかしいですね (//▽//;ゞ

  6. ねこ | URL | -

    >ハナさん

    ザッパーに乗ってましたか!
    それがまた、渋いじゃないですか~♪
    ザッパー系もカワサキの原点的なエンジンですもんねぇ。
    DOHC の2バルブ。
    古典的で新しいとは言えませんが、つい最近まで末裔が現行車として生きましたね。
    いいエンジンだったんだと思います。
    ホンダが CB1100で空冷4発を復活させたから
    カワサキも頑張ってもらいたいですね (。-`ω´-)ンー

    FX は写真のとーり、とても人に見せられる状態じゃないけど
    興味があるなら断る理由も無いので、見てやってください。

  7. 弾正 | URL | -

    うぉ!いいですね、2台目!
    ってかバンダナに裾短めのあの色のジーパン(この頃ってそう言ってませんでした?)が懐かしい。(w

  8. ねこ | URL | -

    >弾正さん

    「 買え! 」 と言われたら、このバイクは手に入りませんでした。
    タダってのがポイントです♪

    ケミカルウオッシュって言うのかな?
    不自然に色落ちさせたジーパン。
    頭に巻いたバンダナ・・・

    全てが時代を感じさせます (^^;

    ただ・・・
    ボクは今も 「 ジーパン 」 て言いますね~ (汗
    オッサン臭いかも。

  9. JUNKIE | URL | -

    23歳の頃の写真・・・

    当時からMAXマニアだったことが分りますね~

    腕にボーガン付けてたら完璧!
    ∵ゞ(≧ε≦o)

  10. ねこ | URL | -

    >JUNKIEさん

    おっ!食いついて来ましたね (笑

    はい、高校の頃から 「 MAD MAX 」 は好きでした (^^;ゞ
    あの革ジャンが欲しくて欲しくて・・・
    そこに登場したのが、カドヤのバトルスーツ!
    即買いでしたね~ (//▽//;ゞ
    ↑ バカか??

    で、この格好でデートに向かったところ、嫌な顔せず (?)
    今のカミさんが応じてくれました。
    その時・・・
    「 コイツしか嫁になるヤツはおらん! 」
    と、思ったとか思わないとか (爆

    ボーガンは持ってませんでしたが、意味も無くブーツに
    大型のモンキーレンチを忍ばせていました。
    まあ、今で言うコスプレですね~ ヾ(´▽`A゛

  11. カズ | URL | .KGtbS9A

    懐かしい

    こりゃまた、懐かしい写真ですね。
    わたしの、バイクのトラブルで、途中でツーリングを断念しましたね。

    いつか、6月の同日、あの時のやりのこしを、たどりたいと思っています。

    今も、単車に乗っていられる事を幸せに感じます。

    なんかロマンチックやわ

  12. JUNKIE | URL | -

    じゃあ~今度から
    奥さんのハンドルネームは
    『じぇし~』
    って事で∵ゞ(≧ε≦o)

  13. ねこ | URL | -

    >カズさん

    あの時、あのトラブルでは、正直ぶーたれてました~ (^^;ゞ
    ・・・が、今は良き思い出。
    と言うより、トラぶったツーほど思い出深いと今は感じる事が多いです。

    十数年前のリベンジツーリング、いつの日か実現させたいものですね。
    しかし、今の自分達なら日帰りルートかも (;´Д`A゛
    オプションつけて、R191完全走破なんてどーでしょう?
    それとも、それまでに FX を復活させるか!?

    バイク乗りでいられる幸運。
    それはボクも感じてます。
    カミさん孝行しなくては (笑

  14. ねこ | URL | -

    >JUNKIEさん

    >奥さんのハンドルネームは
    >『 じぇし~ 』 って事で∵ゞ(≧ε≦o)

    了解しました。
    多少、とうが立ってますが、そのようにいたします (笑

    『 そりゃあ無いゼ、ジェシ~!? 』

    ツーリングの許可が下り無かった時は
    トウカッターばりに駄々をこねます (爆

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hneco.blog25.fc2.com/tb.php/123-4a11fd0f
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。