--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第103回目~! ヤマト魂

2009年12月08日 10:25

もうすぐですね。
日本を代表するSF戦争アニメの金字塔、その復活編の映画公開が目前に迫ってます。

宇宙戦艦ヤマト・復活編

宇宙戦艦ヤマト復活編001

“ SF戦争アニメの金字塔 ”

それは 「 ガンダム 」 やろ!
いや、「 マクロス 」 じゃ!

異論はもちろんあると思います。
・・・が、ボクは敢えて言いたい。
「 ヤマト 」 があったから、ガンダムやマクロスの時代が来たんだと!

今から35年前の1974年。
宇宙戦艦ヤマトの第1回放送日当日。
仕事後の飲み屋帰りで、いつも遅くなるボクの親父が、この日ばかりは早く帰宅し、
家族みんなで食卓を囲みながら第1回放送を見た記憶がある。
初めてこれを見た当時、ボクはまだ小学2年生。
正直、お子様だったボクには分かり辛い内容で、面白いとは思えなかった。
しかし、一緒に見てたボクの親父は 「 なかなか、じゃのう。 」 と満足げだった。

ヤマト発進!
↑ ヤマト世代のボクの後輩が、随分前に作ったジオラマ模型

アニメと言えば、昔は子供の見るもの。

今みたいに、イイ歳したおっさんが 「 夢中になるような物 」 では無かった・・・
そんな当時に、バリバリの職人で ( 親父は大工です ) 稼ぎに稼いでいた親父が、
綺麗なおねーチャンがいたであろう、
飲み屋での楽しいひと時

それをキャンセルしてまで、見る気になった 「 宇宙戦艦ヤマト 」。
その後も、ヤマトの放送がある日だけは親父が早く帰宅するようになり、
ボクとしては良く分からないながらも、その放送を楽しみにしていた思い出があります。

子供の物でしかなかったアニメが、オトナの鑑賞に応えられる物になった分岐点としての作品。
そんな風に思えてなりません。

良く分からずに見ていたボクでしたが、本格的に 「 ヤマト・ファン 」 になったのは再放送から。
ドラマや映画で無いと描かれなかった、「 人対人 」 の戦い。
戦争を題材にした当時としてはリアルな世界感。兵器として描かれたメカの数々・・・。
「 マジンガーZ 」 や 「 ゲッターロボ 」 では描かれなかった戦いによる人の死。
↑ 永井豪原作のロボットアニメも好きでした。

その独特の世界が理解できるようになって、ボクはヤマトの魅力に引き込まれました。
その後、ガンダムが世に現れるまでの小学生から中学半ばまで
ボクの幼い青春は 「 宇宙戦艦ヤマト 」 と共にあったのです。

宇宙戦艦ヤマト復活編004

そのヤマトが、新作映画として劇場公開される!

ヤマトか・・・
何もかも、みな懐かしい・・・


初代ヤマト艦長、沖田十三のセリフのように、あの頃の童心が、情熱が、熱狂が蘇ってきます。
主人公、古代進も時系列に則してるのか、もうオヤジです。
森雪 ( あ、古代雪か! ) との間に娘までいます。

「お父さん、地球を助けて!」

予告編での印象的な、娘・古代美雪のセリフ。
地球のために、否!娘のために、オヤジ頑張る!!

まさに、あの頃ガキだった俺達が、今オヤジとして頑張らなければいけない時代。
アラフォー40男の夢とロマン!

見にいかないでかッ!!
↑ こんな事だから今のオヤジは・・・この国の将来はどーなるんやろ (;´Д`A゛

宇宙戦艦ヤマト復活編002
↑ 伝説巨神イデオン ( 懐 ) のキャラデザインに似てますな。

キャラデザインが松本零士 ( ←オトナの事情 ) でなくても、
古代進の声優が富山敬 ( 故人 ) から山寺宏一になってても、
ヤマトだけが旧態然としたままのデザインで、周りの艦船と違和感があっても、
今更だとか、がっかりだとか、賛否両論あるけど・・・

宇宙戦艦ヤマト復活編003
↑ ヤマト第1艦橋。モニターなどが今風にVerアップされてる!

あの頃、熱狂した友人らを誘い
ボクは 「 宇宙戦艦ヤマト・復活編 」 を見に行きます。

波動砲、発射じゃああーーーーッ!!


★追記★

最近、ディアゴからこんなのも出ましたね。
ふっ・・・映画に合わせて便乗商売か?

ディアゴのヤマト

相手にするつもりは無かったのですが、カミさんと長男が 「 共同購入 」 して
ボクにプレゼントしてくれました。
プレゼントしてくれた本意は分かりませんが、煽られてるのは分かります。

煽ってどーする!??

いやでも、ホント懐かしいっす (涙



コメント

  1. michi | URL | -

    ヤマトのプラモも持ってましたが、デザイン的には波動砲が2つあるアンドロメダと、戦闘機のコスモタイガーが好きでした。

    個人的に一番すきなのは
    キャプテンハーロックのアルカディア号だったり・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hneco.blog25.fc2.com/tb.php/125-52e83440
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。