--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第117回目~! 春祭りの練習

2010年04月02日 00:34

今夜は春祭りの練習がありました。
春も秋も、祭りは巫女さんと浦安さんがそれぞれの舞を奉納するのですが
ウチの長女が浦安さんで、次女が巫女さんをやってます。
その舞の練習です。

娘が神事に?

大層なイメージを持たれるかもしれませんが
選ばれた家系、というワケではありません。
地元にいる女の子が少ない・・・それだけの事です。

春祭りの練習 (1)



練習は、祭りが行われる神社の拝殿で行われます。

春祭りの練習 (2)

まずは巫女さん達の練習から。

小学生の女の子が巫女さんを務めます。
頭ではなく、体が覚えてるというのでしょうか?
太鼓の音が鳴り始めると、自然と体が動き、舞う事ができました。

春祭りの練習 (3)

子供がやる事といっても神聖なる神事に違いはありません。
なので、練習を見守るオトナも真剣そのもの。
皆、厳しい表情で見守ります。

続いて、浦安さんの練習です。

浦安の舞は全国共通。
全国的には (?) オトナの女性が舞うようですが、
この地区では伝統的に中学生の女の子が努めます。

笛の音が鳴り始め、「 ドン・・・ドン・・・ドン・・・ 」 と言う太鼓の音と
囃子方の歌と共に舞が始まります。

・・・と、小学生の巫女舞は間違う事なく終わりましたが、
浦安さん、間違えました _| ̄|◯|||

おいおい~、大丈夫なんかい??

春祭りの練習 (4)-1

でも指導するおじさん達から、それほど厳しい言葉は出ません。
難しい年頃の少女二人。
厳しさだけでは伝統は続けられないと言ったトコでしょうか?

仕切り直しで、今度は間違えずに舞えました ヾ(´▽`A゛

春祭りの練習 (4)-2

1時間程度でしたが、練習終了。
オトナも子供もやっと表情が緩みます。

春祭りの練習 (5)


本番は2日後。さてさて・・・?




コメント

  1. 白熊 | URL | -

    いきなり?

    体がおぼえてるとはいえ、二日後に本番ですか?
    そりゃあ、緊張もするわなぁ。
    きつく叱らないで指導する……極意かも知れませんね。

  2. ねこ | URL | -

    白熊さん

    毎年の事なので、みんな結構覚えてますね~。
    とは言え、見守ってるボクには舞い方はボチボチでも、
    その順序なんて全然覚えられません。
    特に小学生の巫女さん達はすごい記憶力だと思います。
    「献饌の舞」と「撤饌の舞」、2種類の舞があるのですが
    いきなり一発合格な出来でした。

    中学生も、間違えたトコは一箇所だけなので
    大したモンだと思います (´∀`*)

  3. 弾正 | URL | -

    羨ましいです。
    こういう神聖な儀式的なものって、語弊があるかもしれないですが閉鎖的な村社会でしか体験できないものだと思うんです。
    私の父は村から出て町に住んだので私も町生まれで歴史的に古い祭りには縁がありません。
    右翼ではありませんが日本大好きの私には、とても羨ましく思います。
    お嬢さん達もいい経験になるでしょうね。

  4. ねこ | URL | -

    弾正さん

    そ~ですねぇ・・・
    大して興味も無い女の子を借り出してまで・・・
    村社会でないと、こんな事は経験し得ない事かもしれませんね。
    娘達もいい経験をさせてもらってると思います (^^;ゞ
    この事の意味を理解してるかどーか、は別として・・・ですが(汗

    弾正さんみたく、こんな田舎の出来事に興味を持ってもらえるのは
    ホント、光栄な事です。
    でもこの風習も、あと何年続けられるか?
    田舎の文化が風前の灯火なのは間違いないです (;´Д`A゛

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hneco.blog25.fc2.com/tb.php/142-bdffc9d7
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。