--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第121回目~! 作業は続く~よ~、ど~こまで~も~♪

2010年04月25日 14:47

新たな記事を、定期的にアップしようと思うのですが
どちらかと言うと、定期的に更新をサボっているような・・・

そんなつもりは無いんですが、色々と忙しくて ヾ(´▽`A
と、言うわけでお待たせしました。
ねこ農協営農日誌を更新いたします。
↑ そっちかい (;゚Д゚)/!!!

ビニールハウスを張り終え、その後こんな事してました。
その後の春作業、第1回目報告です。


農作業のおぼえ書きみたいな内容なんで、
興味の無い方はスルーしてください m(u u;m




作物を作る上で欠かせない仕事・・・土作り。
それに取り掛かりました。

今年、ねこ農協では、これだけの化学肥料を購入しました。
元肥や追肥など、合わせて34袋です。

春作業・1

土作りには、この内 「 燐加安 」 と 「 重焼燐 」 を使います。
これらの化学肥料を使うことで、どんな効果があるのかは良く知りません (;´Д`A゛
勉強した方が良いとは思うけど、さしむき親父からの指導で使ってます。

ウチでは化学肥料の他に、腐った落ち葉も使います。
これらを哺場に撒き、耕す事によって肥料を土に混ぜ込みます。


★ねこ農協・稲作用土作りレシピ★

燐加安:20kg×19袋
重焼燐:20kg×5袋
腐った落ち葉:少々

(哺場面積 1町:1ha分)



トラクターなどに散布用の機器を取り付けて、肥料を撒く農家もありますが
ねこ農協は“零細弱小農家”なので、そんな機器を持っていません。
なので、ウチではこれを人力で撒きます。

撒く作業ではこれを使います。

春作業・1 (1)

背中に背負って使うもので、肥料一袋分がきっちり入ります。
例年だと元肥は全てこの段階で撒くのですが、昨年辺りから2度に別けて撒いてみようと言う親父の指示で、この段階では燐加安10袋と重焼燐5袋を撒きました。

ちなみに、燐加安の商品名は 「 アラジン 」。
魔法かなんかの呪文で、ぱぱっと出来れば良いのですが
実際、そんなワケはありません (‐_‐;)

ねこ農協の稲作用哺場は4枚あるので、1枚あたりの面積はおよそ2反5畝 ( 25アール ) です。
なので、撒く肥料は1枚あたり3と2/3袋と言った按配でしょうか。
・・・が、面積が微妙に違うので、撒く量を割りふるのは勘に頼ってるトコもあります。
今回行う施肥は、半分しかしないので楽ですが、そうは言っても 300kg もあるので結構な重労働でした。

この日は、いつ雨が降り出してもおかしくない天気だったので、
「 1枚分だけ撒いては、機械で耕す 」 を繰り返す事にしました。
落ち葉の方は、手伝ってくれた親父と長男が撒いてくれました。

春作業・1 (2)

1ha 分ともなると、少々のストックでは足りなくなるので
足らない分は山の落ち葉をかき集めます。

腐ってない落ち葉を撒くことに意味があるのか?

そんな気はしますが、これは多分親父の気分なのでしょう。
先代のやる事に、駆け出しのボクは口を挟めません (汗

肥料撒き作業が終わると、今度は機械作業です。

日ノ本トラクター1 (1)
↑ 次女がキャビンに乗ってますが、操作はできません (笑

日ノ本 E2604 型トラクター

ロングノーズ・ショートデッキなスタイルは、ごっついパターンのタイヤの迫力もあって、
男の子のハートをくすぐりますね~♪

一昨年、親父が中古で購入したものです。中古なので年式・諸元などは不明。
自動制御された部分は故障してますが、手動操作をすれば良いだけのこと。
・・・とは言え、ボクが乗るのは初めてです。
・・・上手くいくのやら (;´Д`A゛

運転席から見た風景はこんな感じ。

日ノ本トラクター1 (3)

トランスファーをローレンジに入れ、チェンジは1速。PTO も1速です。
歩くより遅い速度で進むので暢気に出来そうですが、自動制御がいかれてるので、耕してる状況を振り向いて確かめたり、うっかりすると真っ直ぐは進んでくれないので、気を抜いてるヒマはありません。

日ノ本トラクター1 (2)

でも、作業風景は暢気そうに見えますね (≧▽≦;ゞ

土作りの作業は、途中別の作業で中断した事もあり、トータル2日かかりました。
でも、これで終わりではありません。
機械が耕せなかった場所を、手で耕す作業が待っています。

春作業・1 (6)

哺場の隅っこに、こんな感じで耕せてない部分が残ってます。
機械操作が上手ければ、このような部分は限りなく少ないのですが、
シロートのボクなのでたくさん残ってしまいました (。-`ω´-)ンー

で・・・手で耕すと、こーなります。

春作業・1 (7)

こんな作業を続ける事、半日。
更にコテコテの泥にまみれたトラクターの洗車が半日。
これで土作りの作業は

全て終了~~~!!

春作業・1 (8)

いや、ホント。
この数日間は、結構疲れました (|||▽|||;)

今度はこの哺場に水を貯め、再度トラクターで土がドロドロになるまで撹拌します。
この作業を 「 しろかき 」 と言います。
でもその作業は、生産組合のトラクターとオペレーターの方にやっていただきます。
お金はかかりますが、ウチにはしろかき用のローターが無いので仕方ないところ。

外注を続けるか?
機械を購入するか?

ねこ農協の今後の課題です~ (*´3`)


その後の春作業、第2回目に続く。
↑ そんなん興味ないって!他でやれや (;゚Д゚)/!!!




コメント

  1. リブ | URL | -

    お疲れさまです
    すごいですね

    これからも体に気を付けて頑張って下さい

  2. ねこ | URL | -

    リブさん

    お初ですね。
    訪問、ありがとうございます (^^;ヾ

    いやぁ、すごいと言っても、農家はみんなやってる事です。
    でも、作物を作るって大変だな・・・とは感じています。
    米粒一粒も、これからは無駄に出来ないですね。
    なんせ、手塩に (?) かけてますから!

    ところで・・・
    リブさんは、もしやルナさんの知り合い??

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hneco.blog25.fc2.com/tb.php/150-8491ebda
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。