--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第152回目~♪ 男一匹ひとり旅 《福山市・鞆の浦》

2011年02月19日 19:56

・・・鞆の浦

アニメ映画監督・宮崎駿さんの滞在で、一躍「時の場所」となった地。
同監督の映画のイメージ作りになったと言われる、その鞆の浦に行ってきました。

K_7P1444.jpg
SMC DA18-55mm F3.5-5.6AL WR (焦点距離18mm 1/8秒 F4.5 ISO-1250 絞り優先)




実は、映画で話題になる以前に、広島県民として一度は訪れてみたい場所のひとつでした。
というのも、港湾の「埋立て架橋計画」があり、そう遠くない将来、鞆の浦の景観が変わってしまう恐れがあったからです。
また、架橋の「賛成」と「反対」で、地元住民が割れるほどもめており、地方ニュースでその事が放送される度、現地がどんな場所なのかも気になるところでした。

今回、ふとしたきっかけで訪れるチャンスに恵まれ、やっと訪問がかなったワケです。
単車旅でないのは、ちょっと残念でしたが・・・(*´3`)

港湾に程近い「鞆シーサイドホテル」で宿泊。
扉画像はそのホテルの部屋からの景色です。
前日に鞆の浦訪問のきっかけとなった用事を済ませ、翌朝9時過ぎにチェックアウト。
クルマをホテルの駐車場に預かってもらい、さっそく散策です。

歩いて数分、すぐに港に到着。

K_7P1485.jpg
SMC DA18-55mm F3.5-5.6AL WR (焦点距離55mm 1/400秒 F5.6 ISO-100 絞り優先)

かつては、この小さな港に商船なども出入りしていたとか。
現在は漁船のほか、レジャーボートなども係留され、全体の印象は漁港です。

K_7P1487.jpg
SMC DA18-55mm F3.5-5.6AL WR (焦点距離18mm 1/125秒 F8 ISO-100 絞り優先)

手前に見える階段状の構造物が「雁木」と呼ばれるもの。
潮の干満など、水面の上下変化に係わらず桟橋がかけられるそうで、現在の港湾では滅多に見かけることが無い昔ながらの港湾施設らしいです。

K_7P1486.jpg

この地を訪れる観光客に対する広報でしょうか?
鞆地区に関連した様々な問題点が掲示されていました。

K_7P1494.jpg
SMC DA18-55mm F3.5-5.6AL WR (焦点距離55mm 1/125秒 F8 ISO-800 絞り優先)

K_7P1498.jpg
SMC DA18-55mm F3.5-5.6AL WR (焦点距離50mm 1/200秒 F8 ISO-800 絞り優先)

古い家屋の残る町並み。石畳の路地。
全てに雰囲気があって旅情をかきたてます。

K_7P1500.jpg
SMC DA18-55mm F3.5-5.6AL WR (焦点距離55mm 1/200秒 F8 ISO-200 絞り優先)

鞆を抜けるメイン道路。
この日は平日でしたが、週末や観光シーズンには車でごった返すそうです。
架橋賛成を望む声は、こんな道路事情もあっての事なのかも知れません。

K_7P1502.jpg
SMC DA18-55mm F3.5-5.6AL WR (焦点距離35mm 1/60秒 F8 ISO-800 絞り優先)

メイン通りにあった船具店。
建物が古く、店構えはアンティークで雰囲気がありますが、
商品は観光客向けというより、本物の漁師向けの品揃えぽかったです。

K_7P1505.jpg
SMC DA18-55mm F3.5-5.6AL WR (焦点距離21mm 1/200秒 F8 ISO-100 絞り優先)

常夜灯(とうろどう)

ここで一服してると、地元のおいちゃんが話しかけてきました。

K_7P1508.jpg

鞆地区の昔の話や、自然のことなど色々な話をしてくれました。

道沿いのいたるところに、「道路港湾整備、早期実現!」の幟が掲示してあるので
鞆の浦周辺の住民は架橋賛成派かと思っていましたが・・・
架橋問題について聞くと、おいちゃんは反対してるようでした。

K_7P1579.jpg
SMC DA18-55mm F3.5-5.6AL WR (焦点距離21mm 1/200秒 F9 ISO-800 絞り優先)

いりこ屋のおばちゃん。
ボクがカメラを提げて歩いていたからか、気さくに話しかけてこられ
「絶景ポイント」を親切に教えてくれました。
このおばちゃんからも、鞆地区のことについて色々な話を聞きました。

帰りがけに、お土産用のイカや海老の乾物を何点か買いました。
とても美味しかったです。

K_7P1511.jpg
SMC DA18-55mm F3.5-5.6AL WR (焦点距離31mm 1/80秒 F8 ISO-800 絞り優先)

この辺りの建物はとても古いものばかりで、いりこ屋のおばちゃんちも
築150年くらいのものらしいです。
おばちゃんが生まれるずっと前からの家なんて、日本じゃ珍しいと思います。

K_7P1516.jpg
SMC DA18-55mm F3.5-5.6AL WR (焦点距離28mm 1/100秒 F9 ISO-100 絞り優先)

3月が近いからか、民家やお店など、いたるところにお雛様が飾ってありました。
外から見える場所に飾ってあるのが、とても風流だと思います。

常夜灯で会ったおいちゃんの勧めで、「平賀源内の生祠」を見に行ってみると・・・


「え?ここ・・・!?」


K_7P1547.jpg
SMC DA18-55mm F3.5-5.6AL WR (焦点距離18mm 1/200秒 F9 ISO-100 絞り優先)

とても「名所・旧跡」の類に思えない状況 (|||▽|||)


奥に進むと、ひっそりと佇んでいました。
添えられた花が、妙に哀愁を誘います。

K_7P1543.jpg

江戸時代に生きた平賀源内は、「学者」「医者」「作家」「発明家」「画家」と
数々の顔を持つ偉才の方。
そんな歴史人物のゆかりの地・・・
「広島県指定文化財」だそーですが、えらくぞんざいな扱い。

K_7P1545.jpg

ちょと残念な名所でした(´・ω・`)

K_7P1529.jpg
SMC DA18-55mm F3.5-5.6AL WR (焦点距離48mm 1/250秒 F9 ISO-100 絞り優先)

高台にある医王寺からの眺め。
いりこ屋のおばちゃん、お勧めスポット。

鞆の浦には、たくさんのお寺やお社があります。

K_7P1535.jpg
SMC DA18-55mm F3.5-5.6AL WR (焦点距離28mm 1/125秒 F5.6 ISO-100 絞り優先)

K_7P1539.jpg
SMC DA18-55mm F3.5-5.6AL WR (焦点距離28mm 1/160秒 F5.6 ISO-100 絞り優先

殆どのお寺が高台にあるので、見晴らしは良さそうですが・・・
お参りはキツそう。
特に、お年寄りには堪えるよーな気がします。

K_7P1525.jpg
SMC DA18-55mm F3.5-5.6AL WR (焦点距離50mm 1/160秒 F5.6 ISO-100 絞り優先)

梅の花が咲いていました。
瀬戸内はもう春ですね~(´∀`*)

K_7P1569.jpg
TAMRON SP AF 70-200mm F2.8 Di (焦点距離70mm 1/250秒 F3.2 ISO-800 絞り優先)

帰りの時間を考慮し、散策はお昼前まで。
で、散策してみて思ったのは、町そのもの、地元の生活そのものがとても素朴で
かつてそこら中で見る事のできた「古き良き日本の姿」を感じました。

もう一度訪れ、もっと色々なところを見てみたい。

そう感じさせる町でした。

----------------------------------------------------

町を後にし、帰りのクルマの中で考えました。
鞆の浦の架橋問題についてです。

生活の利便性を優先するか?
環境や景観を優先するか?

話を聞いたおいちゃん、おばちゃん。
おいちゃんは「反対しとる」と言いましたが、おばちゃんは複雑そうでした。

「年寄りばかりの町だから、救急車や消防車が来れないのは心配。」

そう言いました。
確かに、道は狭く、容易に消防車や救急車が近寄れない家もありそうです。
だからと言って、橋をかければ全てが解決という事でも無いでしょう。
町全体を再開発しなければ、解決できない問題もたくさんありそうです。

K_7P1567.jpg
TAMRON SP AF 70-200mm F2.8 Di (焦点距離200mm 1/500秒 F2.8 ISO-250 絞り優先)

おいちゃんもおばちゃんも、鞆の町が、この景観が好きなんだろうと思う。
もちろん、ここに住むみんなが好きなんだろうと思う。

「賛成」と言ってる人も、景観なんてどーでもいいとは思っていないはず。
「反対」といってる人も、暮らしが便利にならなくていいとは思っていないはず。

新しい県知事が、国が、今後この問題をどう解決するのか・・・

K_7P1571.jpg
SMC DA18-55mm F3.5-5.6AL WR (焦点距離18mm 1/100秒 F9 ISO-320 絞り優先)

「賛成」「反対」の2つの選択ではなく
景観と暮らし、両方を満足させる最善の方法を考え、実行してもらえれば。

そんな事を思った旅でした。




コメント

  1. hana | URL | -

    オッサンも一度も行ったことのない、気になる場所です。

    賛成、反対で決めれる問題ではないように思われますね!
    橋を架けてすべてが解決することもないと思いますし。

    日本の大切な宝と思って
    国の偉い方々が
    しっかり考えて方向を見定めてほしいと思います。


  2. ねこ | URL | -

    hanaさん

    昔ながらの景観を保ちながら、
    それでも現代的に解決できる方法はあると思います。
    その方法は、手間もお金もかかるかもしれません。
    だとしても、失って良いものでは無いと思います。
    良いバランスでこの問題を解決していただければ・・・
    そう願って止みません。

    hanaさんも、一度行ってみると良いですよ。
    観光地といっても、作られたような「媚びた」雰囲気が無くて
    男向けの場所のような気がします(^^

  3. 白熊 | URL | -

    私も「鞆の浦」というところがあるって事は、広島人ですので知っていました。
    ただ、それだけで、行ったことはありません。
    今回、すばらしい写真を見ると行きたくなりました。
    ほんと、懐かしいって感じの街並みですね。
    今のうちなら、行ってみよーっと。

  4. ねこ | URL | -

    白熊さん

    知っているが、行ったことがない・・・
    広島県民にとって、鞆の浦って意外とそんな場所なのかもしれません。

    築100年クラスの古い家屋が連なる場所は、
    鞆の浦の町のほんの一部です。
    写真の雰囲気だけで行くと「あれ?こんだけ??」と、
    拍子抜けするかもしれません。

    でも、暮らしの匂いを感じさせる普通のお店や、
    町角にたたずむ些細な物にも、
    何故か心安らぐ雰囲気があるんですよ(^^

    「ああ、昔はどこもこうだったかもなぁ・・・」

    そんな気持ちになれる場所です。
    あ・・・でも、大阪界隈にもそんな場所がありそうですよね。
    観光とは離れたトコ。
    そんな普通の場所が、案外新鮮なのかもしれませんね(´∀`*)

  5. ♪なおまな♪ | URL | -

    鞆の浦はええよ~[e:783]

    猫と会わんかった?鞆の浦は尾道と同じ位猫と遭遇するんよ。架橋問題は救急搬送や消防もある。けど住民は景観を残したい。難しいです。

  6. ねこ | URL | -

    なおまなさん

    初めまして(^^

    コメント、お初の方ですね。
    ありがとうございます。
    鞆の浦、いいトコでした♪

    おいちゃん、おばちゃんは沢山いました。
    けど・・・猫には会いませんでしたね~(*´3`)

    地元の賛成派の方が、どんな方か分からなかったけど
    高齢者ほど景観を大切に思ってるのかな~と、
    そんな風に感じました。

    若者の姿を見かけることが少なかった点を言えば、
    鞆の浦も過疎地域なのでしょうか?
    ボクの地元もそーですが、ジリ貧状態の今を脱出し、若者の定住促進を図ろうと考えると、
    就職先を含めて、暮らしの利便性向上を求める声が大きくなります。
    恐らく賛成派の方々って、そんな思いもあっての「賛成」なのでしょうね。

    景観か、暮らしか・・・
    本当に難しい問題です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hneco.blog25.fc2.com/tb.php/183-e7a5973f
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。