--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

175回目~♪ カミさんと行った「初めて」のロングライド

2011年10月21日 00:17

シリーズ3回目に突入ですが、まだ2日目の半分が終わったところ。
とゆーワケで2日目の後半、《湯めぐり旅情・城崎温泉編》スタートです。

相変わらず内容は薄いです・・・(;´Д`A゛

K_7P2288.jpg



慌てふためき、京都を後にしたねこ夫婦。
京都から次なる目的地・城崎温泉までは、そう遠くないと言っても
初めてのルートなので時間が読めません。

迷い迷って日が暮れて・・・

そんな展開はこのツーリングでは避けたい!
カミさんに良い旅の思い出を残したい!
でないと・・・でないと次へ繋がらない!

そんな強迫観念に駆られ、取り出したのは携帯電話。
そう、ナビゲーションに頼り、最短ルートで城崎温泉へ向うことにしたのです。

ボクとしてはナビを使っても下道ルートと思っていました。
・・・が、ナビは高速道路を目指すように誘導。
「??」と思いながらも、京都に来た道を行くしかないボク。

京都南ICからは、ホントに来た道を爆走!
中国道へ入るにいたって、ようやく有料道路優先ルートを選択してしまったと気が付きました。
慌てて事を成して、上手くいくはずがありません。

今更下道選択も無いもんだと諦め、ナビに従いました(涙

K_7P2183.jpg

途中休んだ高速道路のSA。
VM帰りでしょーか、荷物満載のハーレーが。

楽しかったのかなぁ、VM愛知・・・(*´3`)


走った事はもちろん無いし、こんな事でもなければ二度と訪れる事はないであろう
そんなルートを走り、見知らぬ町を抜け、城崎温泉に到着しました。

K_7P2187.jpg

日が暮れる夕方5時前、無事に宿へ到着した喜びをあらわにするボク。
三脚使って撮影したのに、喜びが大き過ぎてピントがあってません(笑

ちなみに、この旅館は立派な駐輪場を完備!
大切な単車を盗難されることも、イタズラされる心配もありません。

K_7P2184.jpg

何気に置かれた子供用自転車が、イイ感じで生活感を醸してますね。


・・・・・・。


つか、旅館オーナーの個人的な倉庫か!?
Σ( ̄□ ̄;ハッ!



食事の時間には、まだ十分過ぎる時間がある模様。
部屋担当の仲居のねえさんに勧められ、外湯めぐりに行くことに。

浴衣に着替えて、いざ!

K_7P2191.jpg

ネットでこの宿を検索した時、「建物はボロいです」と書いてありましたが
どーしてどーして!
思ってたほどボロく無かったです。
むしろ綺麗だと思ったぐらい!

ボクとしては、もっと古臭い雰囲気を期待してたので
その意味では期待を裏切られました。
でも、マニアでなければ「適度な」ノスタルジーが感じられる
良宿だと思います(´∀`*)

↓ 泊まった宿はコチラ ↓

城崎温泉・やなぎ荘


K_7P2199.jpg

温泉街のメインストリート。

旅行者の殆どは浴衣姿。ホテルや旅館ごとにデザインが違います。
中には、カラフルな色浴衣をまとった綺麗めのおねいさんも。
声をかけ撮影しようかも思いましたが・・・
カミさんの手前、出来ませんでした ヾ(;´Д`A゛

それは、と・も・か・くッ!
街中にカラコロと鳴り響く下駄の音が、
またい~んですよねぇ(//▽//)~♪

K_7P2201.jpg

外湯の入り口では、専従の係員の方がテキパキと下駄を整理。
浴衣で宿泊先を判断し、風呂から帰る旅行者に「さっ!」と下駄を用意。

なるほど、このために下駄も浴衣も微妙に違うんやね。


外湯の温泉はかけ流し方式ではなく、循環式のようでした。
カルキの匂いがしたので、多分そーだと思います。

でもまぁ、そんな事どーでもいいやね。
さっぱりできたのは間違いないし、
温泉街のこの雰囲気は、それを覆すだけの魅力があります。

K_7P2205.jpg

街を流れる川の両岸に、そんなに新しくは無い宿が立ち並んでて、
そんな辺りがこの風情につながってるのかも。

だからなのか、街を歩く旅行者は女子率高し!
ただし!女子率は高いですが、娘さんばかりではありません。
妙齢のご婦人もたくさんです(笑
もちろん、結婚20年目のウチのカミさんは後者に分類。

K_7P2214.jpg

外湯から宿に帰ると、部屋に食事の用意が出来ていました。
部屋食ってあまり経験が無いのですが、
他の客に気兼ねはいらないし、いいもんですね~♪

K_7P2216.jpg

今日まで、こんなボクに連れ添ってくれたキミに乾杯!

で、食事してると、この宿お勧め「カマクラ」の登場。
おー、待ってましたぁ (;゚▽゚)!

カマクラは塩で地魚を包み、そのまま焼き上げた料理。

K_7P2223.jpg

こんな風に木槌で叩いて包みを壊し、中のお魚を食べます。
日によって仕入れる魚が違うらしいですが、この日出てきた魚は鯛でした。
結婚20周年なんて下情報を旅館に入れてなかったような気がしますが
なんだかあつらえた様な「めでたい」気分(≧▽≦;ゞ

もちろん、超美味かったです。

K_7P2241.jpg

食事の後、再び街へ散策に。

いわゆる都会の街明かりと違って、この街の明かりは
どこか懐かしさを感じます。

K_7P2249.jpg

神社の境内から太鼓の音が・・・
近々お祭りがあるらしく、地元の若い衆が練習してました。


これは・・・!

看板の雰囲気が「モロ」に昭和の佇まい。
この建物の中はというと・・・

K_7P2254.jpg

昔懐かしい(?)射的場でした。
店内にはピンボールや古いパチンコ台なんてのもあったりして、
清く正しく「遊技場」でした。

K_7P2265.jpg

雑貨屋さんに売ってた「トマトサイダー」なる飲み物。

飲んでみると、まさしく「トマト味」のサイダー。
微妙といえば微妙 (。-`ω´-)ンー
でもハマッてしまいそうな味です。

K_7P2270.jpg

「火事?事故?何事??」

サイレンの音も賑やかに、猛烈なスピードで走り去る消防車。
観光地である事に関係なく、出動中の消防隊にとってはこれが日常。
ホント、ご苦労様です。

K_7P2276.jpg

K_7P2278.jpg

街の散策を終える頃、あんなにたくさん食べて飲んだのに
またまたお腹が空いてきて・・・

K_7P2294.jpg

「カニ・ビール」というご当地ビールを試してみました。
味は・・・もう酔ってたからかな?
あんまり覚えていません。
普通に飲めたから美味かったんだと思います。

そんなこんなで、城崎の夜は更け・・・

ですが、この日は飲み過ぎでした。
この夜はいつ寝たのか覚えてません。

翌朝のカミさん曰く、

「それで丁度良かったよ。」

・・・とのこと。

Σ('◇'*)エェッ!?

20年ぶり、2回目の新婚旅行。
その思い出作りが・・・_| ̄|○∥



と、いうワケで《湯めぐり旅情・城崎温泉編》終了~ッ!

次回 《最終回・怒涛の帰路編》 へ続くーッ (;゚Д゚)/!!!


2日目の走行距離:180km


コメント

  1. 白熊 | URL | wKydAIho

    お疲れ様です

    いいですね~。
    うちに嫁さんは、こんな長距離ツーリングにはついてきてくれません。
    城崎温泉も誘ったことがあるのですが、バイクではNGでした。
    私も、やなぎ荘は以前仲間とのツーリングで利用しました。なかなかいいですよね。
    高級とはいえませんが、その分料理が良かったです。
    あ~、また行きたいですぅ。

  2. ねこ | URL | -

    白熊さん

    >うちに嫁さんは、こんな長距離ツーリングにはついてきてくれません。

    ええ~、そうなんですか??
    ウチの単車より快適そうな単車なのに
    もったいないですね~(^^;

    まあ、距離が長ければ良いってモンでも無いですし
    短い距離から少しずつ慣らして行かれたらどーでしょう?

    夫婦2人の単車旅、良いですよ。ホント♪

    そう度々泊付きのツーリングは出来ませんが
    これを期に、もっとたくさんカミさんと走りたいって思いました。
    こんな事、年老いてからではできませんからね♪

    やなぎ荘、思いのほか良かったです。
    料理はホント、看板に偽りなしだったです~♪
    久々に贅沢な思いをしました。

  3. 弾正 | URL | -

    仲良しですね~。

    やなぎ荘の若旦那って以前、TVに出てましたよね。
    良さ気な旅館ですね。

  4. ねこ | URL | -

    弾正さん

    コメントありがとうございます(^^
    アーンド、色々と待ってもらってゴメンなさい(汗
    ちょっと忙しいのが続いてますので、
    もう少しお待ちくださいねm(UU;)m

    夫婦仲は一見「仲良し」風ですが
    まぁ、色々あります。
    山越え谷越えです(笑

    やなぎ荘、テレビに出てたんですか?
    それはチェックしてなかったです。
    若旦那さんには会ってませんが、仲居のねえさんは気さくで話しやすい方でした。
    料理も良かったですしね。

    「今度は家族みんなで・・・」
    そんな話をしてますが、ちょっとお値段が良い宿なので、
    その話は企画倒れかもですね~♪

    城崎はお勧めです。
    女性同伴だと、相方は結構満足度の高い旅行地だと思いますよ。
    弾正さんもいかがでしょう?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hneco.blog25.fc2.com/tb.php/208-fdf917d5
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。