--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

176回目~♪ カミさんと行った「初めて」のロングライド

2011年10月29日 11:59

お待たせしました、続きですぅ。

京都~城崎と続いた中年夫婦の旅。
ついに(!?)シリーズ最終回 《怒涛の帰路編》 です。

bakusouhenn.jpg
大佐SAにて.「なるべく自然な雰囲気で・・・」と、撮ったヤラセ写真。
ですが、2人の間に流れるこの微妙な空気感・・・(汗



相変わらず内容はうす・・・もういいっスね (;´Д`A゛
では、本編をお楽しみ(?)ください~♪



旅の最終日となる3日目の朝を迎えました。
『楽しいことはあっという間』なんて言いますが、本当にそうだと思います。

せっかくの温泉街での朝なので、贅沢に朝風呂を浴びに行くことに。

bakusouhenn (2)

前日に行った外湯は「一の湯」という浴場でしたが、
今回は「御所の湯」という浴場へ行って見ました。

bakusouhenn (1)

御所と名がつくだけあって、建物外観は神社仏閣を思わせるような重厚さ。
早速入ってみると、お風呂は大浴場の他に露天風呂を備えてました。

「ほほう、これはなかなか♪」

山から流れる滝を見ながらお湯に浸かる・・・・
なかなかのロケーションです。
しかし良く見ると、滝は唐突に山から流れ出てるような感じ。
どうやら温水を循環ろ過させる過程で、その一部を「滝」として見せてるようです。
人工の滝ですが、このアイデアは風情があって良いですな。


お風呂でさっぱりした後は、旅館に帰って朝食です。

bakusouhenn (3)

画像手前のお茶碗は、出汁茶漬けとでも言いましょうか?
ほぐしたカニの身がたっぷり盛られた贅沢な一品。
前夜、少し飲み過ぎた感じのボクなので、この出汁茶漬けが「超ウマー!」でした。


食事の後、少しまったりしてから帰りの身支度。
お土産や洗濯物を箱詰めし、宅配便で自宅へ送る手配を済ませ
いよいよ城崎を出発です。

bakusouhenn (4)

駐輪場からメインストリートまで単車を押し、ひとまず記念写真。
人や車の往来があるので、カミさんと並んでセルフタイマー撮影ができなかったのは残念でした。

bakusouhenn (5)

さて、パッキングもバッチリ。

「さらば、城崎!」です。

帰宅するのがこの日の最大目的ですが、とは言え山陰の東部は滅多に来れない地域。
せっかくなので、1~2箇所は名所巡りをしようという事になりました。

「餘部鉄橋って書いてあるよ!すぐ近く!」

地図を見てたカミさんが言うので、取り合えずそこを目指す事に。
カミさんの話では鉄骨で出来た古い鉄道の橋という事でしたが・・・

bakusouhenn (6)

地図で見るとどーやらこの高架橋のようです。
残念ながらコンクリートに架け替えられてました。

訪ねるのが少々遅かったようで、残念な気持ちを切り替え
次は鳥取砂丘を目指します。
しかし、「同じ走るならロケーションの良い場所を」と思い、海沿いの道を選択。

bakusouhenn (7)

退避スペースで一休み。
山の民なので、海ってだけで旅情がそそられます。

しかしあまりまごまごとはしてられません。
先を急ぎ再スタート。

bakusouhenn (8)

bakusouhenn (9)


そんなこんなで鳥取砂丘へ到着~♪

bakusouhenn (10)


いやぁ~・・・でっけー砂浜っす!


bakusouhenn (11)


パラグライダーやラジコン飛行機で空を楽しむ者
また、スノーボードで砂丘の斜面を滑る人がいたりして
単なる観光名所というだけにおさまってない感じ。

砂丘の沖へ向って多くの人が歩む中
ボクたちはフェンスから入ってすぐの場所。

bakusouhenn (12)

「俺に触れるとケガするぜ!」

そんなイメージで(笑
「キケン」の看板は、砂丘を巡る馬車の発着場のもの。

ボクの背後に見えるフェンスが砂丘との境目。
ホントに動いてないです。
だって~、動くと暑いんだも~ん (*´3`)

しばし大自然の雄大さに感動し、道沿いのお土産屋さんへ。

滞在時間は約1時間。
鳥取砂丘はちょいと長居し過ぎました。

「この調子だと、家につく頃は日が暮れてるかも・・・!」

慌てて出発。更に先を急ぎます。

bakusouhenn (13)

自宅までずっと下道のつもりでしたが、そうも行かなくなり
米子道湯原ICから高速道路に乗りました。
連休で渋滞する米子道をすり抜け、中国道に入って大佐SAで一休み。

bakusouhenn (14)

小腹が空いたのか、カミさんが「キヨレーヌ」というお菓子を買って来ました。
味は「まぁまぁ」だと思いましたが、カミさんにはイマイチだったみたい。

ここからはほぼノンストップ。
西に傾いた太陽はどんどん沈み始め、気温もぐっと下がります。
2人して「寒い~ッ!」と叫びながら爆走。
でも、このぐらいの気温はまだ序の口でした

午後6時、ようやく北広島町内に到着。

bakusouhenn (15)

旅疲れもあるし、帰宅したあと晩飯の支度をするのは面倒だと思い、
「千代田サンクス」でお惣菜の調達。
見慣れた場所、景色にほっとします

しかし、千代田と自宅のある芸北は、同じ町内のほぼ対角線上にある端っこ同士。
ここから更に50km近く走らないと家には帰れません。

さらに言えば、標高差はおよそ500mもあります。
もちろん、我が家は500m上空です。
自宅に近くなるにつれ気温は下がり続け、道端の温度計はついに一桁台に!

寒い~ッ!寒すぎる~ッッ!! (|||Д|||)

心の中で叫びますが、実際には声を上げる元気はありません。
カミさんもボクの後ろで静かに耐えてる模様。

無事に帰り着くまでが旅だ!

それだけをひたすら思い、黙々と走る事40分。
ようやく我が家に到着~♪

bakusouhenn (16)


無事に帰還した父母の姿を次女が撮影。

「お風呂、沸いてるよ~!」

凍えて帰って来るであろう父母を思ったのか、気の利いた娘たちの配慮。
普段はあまり気の利かない娘たちですが、押さえるトコは押さえてると言うか・・・
子供に留守番をお願いし、ワガママで遊びに行ったボクとカミさんだっただけに
この一言は涙が出そうなくらいありがたかったです。

熱い湯に浸かりながら、孝行娘への感謝と旅の反芻を味わいました。


この日の走行距離    406km
3日間の走行距離  1,016km
総走行距離    17,713km


---------------------------------------------------------

★後記★


カミさんと走った「初めて」のロングライド。

「もしかしたら、楽しいと思ってるのはボクだけか?」

出かける前、走ってる最中、そして帰った後もそんな事を考えてました。
観光してるより走ってる時間が多くて、ツーリングとしては至極当然といえても
現地でゆっくり楽しめなかったのは、やはりカミさんには面白くなかったか・・・
お尻も痛いって言ってたし・・・
そんな反省があります。

カミさんには初めての長距離。
日程としては強行軍に感じられたようですが、思ってたほどではなく
旅の途中は「楽しい~♪」と感じてたようでした。

ただ、敢えて希望するなら、
「帰宅した翌日、ゆっくり寝れる時間」が欲しいとのこと。

もう一度夫婦2人のロングツーリングをするなら、距離を日にちで分割し
一日の走行距離を抑えた長めの日程で計画した方が良さそうです。
もちろん、帰宅してから体力回復の日を1日は含めなければならないでしょう。

夫婦水入らずで過ごした贅沢な時間。

それを与えてくれた娘たちに感謝するとともに
この旅に賛同し、共に楽しんでくれたカミさんにも感謝です。

ああ、楽しかった(´∀`*)





コメント

  1. 白熊 | URL | wKydAIho

    いい思い出ですね

    いや~、羨ましいです。
    私も夫婦で走りたいのですが、嫁さんが嫌がってます。
    それにしても、鳥取砂丘ではライダーの服装では浮いていたのでは。
    いや、明らかに浮いているように見えますよ。

    お疲れ様でした。

  2. michi | URL | -

    おひさです

    一気に長編記事読ませてもらいました。
     
    いい旅だったようですね~
      
    帰宅直前の寒さは大変そうでしたが、
    夏の炎天下よりは良かったんじゃないでしょうか・・・
    真夏だと二度と乗るもんかっ!ってなりそうです(笑)
      
    この流れで春先にタンデム旅行記、パート2とかどうでしょう?
     
     
    あと写真綺麗ですね~♪


  3. ねこ | URL | -

    白熊さん

    「イヤよイヤよもイイのうち」と申します。
    また、「押してだめなら引いてみな」とも申します。
    口説いて口説いて、口説き倒しましょう!

    きっと新たな展開が待っていますよ(^^

    鳥取砂丘、浮いてますか?
    しっかり地に足をつけてたつもりですが・・・
    って、何バカな事言ってんでしょうね~(汗

    まあ、そーですね。
    浮いていました。
    けど、ボクらより年配のご夫婦さんが

    「カッコいいベストやなぁ、どこで買ぅたん?」

    ・・・と話しかけて来られ、ちょっと驚きました。
    話を聞くと、そのご夫婦もハーレー乗りでした。
    やっぱ目立ったんでしょうね(´∀`*)

  4. ねこ | URL | -

    michiさん

    お~!おひさですぅ~♪
    オチは無いしで、読むのが大変だったと思いますが
    ありがとうございました。

    ホントっ!天候にも恵まれ、良い旅ができたと思います。
    カミさんが「楽しい~♪」と言ってくれたのが何よりでした。
    家庭内のことや体調など、条件さえ良ければまた行きたいって事なので
    今後は年一回ぐらいのペースなら行けるかも。

    確かに真夏の単車旅だと、凄く辛かったでしょうね。
    暑さもさることながら、汗で化粧が流れ髪の毛は張り付き・・・
    怖いカミさんを見ることになりそう Σ(||゚Д゚)ヒィィィ
    それはボクも勘弁です(笑

    行くなら春か秋でしょうが・・・
    ボクもなんですが、カミさんも花粉症なので
    春は厳しいかもしれません。
    やっぱり初秋の頃ですかね~(´∀`*)

    行って見たいトコロはたくさんあるのですが
    距離の問題をどーするか・・・ってのが悩みどころです。
    純正シートは相性が悪いらしく、これを交換すればどーにかなるのかな?
    それを口実にパーツ購入もアリだったりして。

    ま、一人で楽しむよか、夫婦で楽しみたいですね。
    この次は、夫婦で四国か九州へ上陸!
    ・・・それを目指そうと思います(≧▽≦;ゞ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hneco.blog25.fc2.com/tb.php/209-7944a50f
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。