--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第61回目~! 本池秀夫作品展「革の世界」

2009年03月31日 17:24

09春ドライブ001

VIBES の 3月号に掲載されていたので、ご存知の方もいると思いますが
本池秀夫氏の作品展が開催されてる、米子市美術館に行ってきました。


行って来たのは、作品展最終日である29日の日曜日。
週末の単独行動は許されないので、長男を除いた家族4人で出かけました。
家族4人ではバイクなどありえません。 とーぜんクルマです (涙

自宅から米子まで、概算で片道180 km 以上。
週末と言う事もあって車の出も多いと予想し、
夜勤明けの朝、定時より少し早めに仕事を引けさせてもらいました (´▽`;
自宅に帰ると、家族一同、既に出かける用意が出来てます。

午前8時過ぎ、意気揚々と出発~♪
自宅から15 km 程度走った辺りで、ふと気がつきました。

「あれ? もしかして免許証忘れてるかも (|||▽|||)!」

すぐさまトンボ帰り _| ̄|◯|||
楽しいはずの家族のドライブが、若干 (大いに?) 険悪なムードに (汗
結局、定時に帰ったのと違わないスケジュールで自宅を再出発しました。
・・・す、すまん家族よ ( ノД`)

09春ドライブ002
↑ 道の駅キララ多岐にて

09春ドライブ003
↑ 道中にて。 鳥取県の 「大山」 です。 まだ冠雪してますね~ (´∀`*)

トイレ休憩挟みながら、4時間近くかけて米子に到着。
13時を回ってるのでお腹も空いてます。
カミさんのリクエストで、「境港お魚センター」 へ昼ごはんを食べに行きました。

09春ドライブ004

境港は漫画家・水木しげるのお膝元。
巨大な 「鬼太郎」 のオブジェがお出迎え♪

09春ドライブ005
↑ 大漁市場ながうら

ここで 「海鮮丼」 をいただく予定でしたが、時間が時間なので長蛇の列が・・・
美術館で過ごす時間を考えるとそんなに待てません。

09春ドライブ006

すぐ隣にあった回転寿司で昼ごはん。
ま、まあ漁港の近くだしね、ネタに期待できそうだからいいか?
でも、ここでも待たされたし、しかも若干期待ハズレな感も・・・

ご飯食べるのが目的じゃねぇッ!

そう自分と家族に言い聞かせ、米子市美術館を目指します。

09春ドライブ007

やってきました、米子市美術館!

09春ドライブ008

玄関ホールには、革製とは思えない巨大なキリンのオブジェ!
つか、等身大だそーです。 これも本池氏の作品です。

09春ドライブ009
↑ で、でっけーーーッ!!

こんなん、どーやって作るんだろう (;゚Д゚)?

09春ドライブ0010
↑ ネットからの拾い画像

09春ドライブ0011
↑ ネットからの拾い画像

ネットからの拾い画像ばかりでスンマセン (;´Д`A゛
美術館なんで原則撮影禁止。 許可されてるのは、ホールのキリンだけでした。
作品を直接カメラに収める事が出来ず、ちょっと残念です。

しかし、目の当たりにした本池氏の革人形はどれも 「凄い」 ものでした。
「芸術」 ってやつは、シロートの目には難解なものが多いものですが
氏の作品はどれもが分かりやすく、それでいて繊細で、親しみが持てる作品ばかり。

しかし、バイク乗りのボクにとっては、やはり圧巻なのがこの作品 ↓

09春ドライブ0012
↑ 7分の1スケール、銀製ハーレー・ナックルヘッド (VIBES誌から)

本池氏や、その作品を紹介してるネット記事は、それこそ沢山ありますが
この作品について紹介されてるものは少ないようです (*´3`)

09春ドライブ0013
↑ 雑誌のページなんで、見辛いのはお許しを(汗

自らハーレーに乗る、氏の拘りが溢れてます。 もちろん全て手作業 (!) による作品です。
バイカーを意識させる作品は他にもありましたが、
バイクそのものを作り、作品としたモノはコレのみ!
それでいてバイクが主張しすぎず、主役はあくまで乗り手という感性。

VIBES誌では、ライダーである 「老人」 と 「バイク」 のみの紹介ですが
作品展では、その老人とバイクを見守る老婆や
それを興味深そうに見つめる子供の人形も展示されてて
その情景がすごく微笑ましいものに仕上げられていました ヾ(´▽`A゛

バイク誌に取り上げられた事で、バイカー向けの作品が多いのかな?

そう思っていたのですが、むしろその逆。
銀や金を眼鏡や食器など一部小物に使いながら
革だけで作られた人形達と、その人形たちが醸す情景はとても暖かく
古き時代のアメリカをリアルに感じさせ
女性や子供たちに 「こそ」 受け入れやすい作風です。

09春ドライブ0014
↑ 一見 「木製」 にしか見えませんが、家具も革製!(写真集から)

革と言えば、バイク乗りには身近で、しかも 「ハード」 な印象ですが
本池氏の作品を見てると逆の印象ですね~♪
とても優しく温かみのある素材なんだと、思いを新たにしました。

この作品展、米子市美術館を皮切りに、全国の美術館を巡回する予定だとか?
今回見逃した方、チャンスがあればゼヒ目にしてみてください。
ホント、凄いですから!!

09春ドライブ0015
↑ 氏の作品を収めた写真集&VIBES誌



追記:

「本池秀夫」 キーワードで、たまたまこちらを訪れた一般の方へ。


氏のバイク作品が掲載されてる 「VIBES 3月号」 には
銀によるバイク製作過程の画像や、本池氏の苦労談話など
ファンの方には興味深い記事が掲載されています。

09春ドライブ0016

ただし、ハーレー乗りのための、どちらかと言うと 「男子向け」 の専門誌です。
紙面には、扇情的な女子の画像も掲載されており、
バックナンバー購入の際は、お子様やご夫人の目に留まらないよう御注意ください ヾ(´▽`A゛

それでも、一見の価値ありです (^^; b


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ


コメント

  1. みちね〜 | URL | -

    世の中には、器用な人がいるもんですね~!
    器用のキの字もないので・・・・
    感動もんだす!!

    「で・・・週末の単独行動は許されないのですね?」
    オカワイソウニ~~~~チ~ン(笑)

  2. ねこ | URL | -

    >みちね~さん

    いや~、ホントに器用って言うか・・・
    凄い手作業だなぁって、感動しました (^^;
    VIBES誌面で初めて見たときも
    「すげ~!」 って思ったんですが
    実際目で見ると、「何じゃこりゃぁ~!?」 って感じで。
    機会があれば、みちね~さんもゼヒ!
    たぶん、嫌いじゃない世界だと思います。

    週末の単独行・・・気が引けますね。
    まぁ、家族あっての自分なんで。
    みんなが楽しくないと、ですよ ヾ(´▽`A゛

  3. 弾正 | URL | -

    へぇ~、器用ですね~。^^
    ってか家族で美術館ですか…当方の最近に行ったんって義務教育課程でいつだったか。ヽ(≧Д≦;)ノ
    けど、お子様達にはいい環境ですね。

  4. mojo | URL | yjAvvF4.

    ネコさんごぶです

    いいですね~
    いってきたんすか~
    い~なぁ~

    本池さんは、自分は業界で一番尊敬する人です。
    ロルカの製品が載った『バイカーモンVol.1』にも出てらっしゃる。
    ↓うちのサイトでも創刊号の案内しました。
    http://lorcaleather.blog112.fc2.com/blog-entry-86.html

    息子さんもMOTOブランドで活躍してらっしゃいます。
    実は本池さん、去年のVIBES来てらっしゃいましたよ!
    やはり愛車で来てらっしゃってて
    ご自身のテントもアンティーク!ランタンもアンティーク!
    なにもかも素晴らしい
    もうオーラがもの凄く
    とんでもなくお洒落なかたでした。
    やっぱり物作りする人間は
    こうだよなってつくづく感じましたよ!
    自らお洒落を楽しむ
    表現者として人を説得するにもやはり流石な方だわ!と思いましたね

  5. ねこ | URL | -

    >弾正さん

    器用なんて 「域」 を遥かに超えてました。
    弾正さんも、目の当たりにしたらかなりぶったまげると思いますよ (^^;

    それにしても、義務教育の頃からいつだったか・・・
    ま、まあ普通そんなモンですかね~(汗
    ウチはカミさんが美術館巡りが好きなんで、結構頻繁に行ってます。
    意外と面白いモンですよ、美術館。
    でも分かりにくい 「現代美術」 はダメですね。
    うん。あれは何が良いのかさっぱりです (´・ω・`)

  6. ねこ | URL | -

    >mojoさん

    流石ですね!
    バイカーモン創刊号の案内で、既に紹介されていたとは!

    身に付けたり、道具としての革モノとは違うけど
    同じ革を扱うmojoさんも、氏をリスペクトしてたんですね~。
    御見それしました m(u u;m

    確かに、バイカーモンの記事読んだ時も
    「すっげ~!」 って思ってはいました。
    米子の方だし、いつか工房を訪ねてみるのも良いかな、と (^^) b

    で、今回の作品展。
    こりゃ、行って見るしかないじゃん!
    そー思って行きました。
    ただ、誘惑は他にもあったんですけどね、実は。
    ここではそれを伏せときます。
    某TAKさんトコ、訪問すれば分かると思いますが・・・(笑

    しかし、本池氏の作品って凄いです。
    コートやパンツをモチーフにした作品も展示してありましたが、
    純粋に革製品として着用できそうな品でした。

    でもアレだけの革人形作れるなら、何でも作れそうですし
    造形家としてだけでなく、革職人としても、そーとーな腕前だと
    そんな気がしました。
    実は当日、本池氏本人も会場にいまして、話は出来なかったけど
    チラッと拝見する機会を得ました。
    良い意味で 「クリエイター」 ぽく無くて、
    スタイルもラフで素朴な感じの方でした ヾ(´▽`A゛

    ホント、良いモンを見てきた気がします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hneco.blog25.fc2.com/tb.php/66-073ba770
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。